Iizuka Campus Technical Support Office 

沿革:
1986年(昭和61年) 10月: ・九州工業大学情報工学部 設置
1998年(平成10年) 11月: ・第1回情報工学部技術職員研修 実施
 飯塚キャンパスの技術職員が自主的に企画、開催。
 以後、今日まで、定期的に研修を実施している。
2003年(平成15年) 2月: ・法人化に向けた中期目標の技術職員代表者会議 設置
 この時期から技術職員組織化の検討を始める。
2004年(平成16年) 4月: ・九州工業大学 国立大学法人化
6月: ・技術部検討委員会 設置
2005年(平成17年) 3月: ・技術部準備室 設置
・技術部検討委員会 解散
・第1回情報技術研究会 開催(17日〜18日)
 情報技術に関連する情報交換の場を提供すべく、
 九州内外の大学・高専の 技術職員を対象とした
 技術研究会を、企画・開催した。
4月: ・情報工学部技術部 発足
2015年(平成27年) 4月: ・飯塚キャンパス技術部 発足
組織:
1.組織構成
 技術部の構成は、技術部長(現在は情報工学部長)を筆頭とし、次に技術職員の統括を行う 技術長を置き、その補佐として副技術長を置いています。その下に、以下の6つの技術班を置いています。
技術長と副技術長も、それぞれ技術班に所属し、班員として業務を遂行しています。
 (1)電気・電子技術班 (2)第一情報技術班 (3)第二情報技術班 (4)機械技術班 (5)生物・化学技術班 (6)センター技術班


※図をクリックすると拡大します


2.管理・運営
 技術部内外での業務や活動を円滑に進めるために、以下の管理・運営体制を構築しています。


※図をクリックすると拡大します

[九州工業大学技術部運営会議]
 次に掲げる事項について審議します。
  • 各技術部の管理・運営に関する事項
  • 教育研究の支援・技術開発及び各技術部の技術業務に関する事項
  • 技術職員の技術の継承及び保存並びに技術研修に関する事項
  • その他運営会議が必要と認める事項

[飯塚キャンパス技術部運営委員会]
 飯塚キャンパス技術部の円滑かつ効率的な管理・運営を目的として、次に掲げる事項について審議します。
  • 技術部の管理方針,規則制定及び改廃に関する事項
  • 技術部の予算及び付託された予算に関する事項
  • その他,技術部に関する重要事項

[技術部合同会議]
 戸畑・若松キャンパス技術部及び飯塚キャンパス技術部が連携して行う業務について、円滑かつ効率的に実施することを目的として、審議します。

[飯塚キャンパス技術部代表委員会]
 飯塚キャンパス技術部の円滑かつ効率的な運営および他部署に対する支援業務の調整を図ることを目的として、次に掲げる事項について審議します。
  • 年度計画の策定及び実行に関する事項
  • 業務担当者の選任に関する事項
  • 予算に関する事項
  • 新規プロジェクトに関する事項
  • 技術職員の養成及び研修に関する事項
  • その他,業務の運営に関する事項

 また、必要に応じて、各ワーキンググループ、支援チームを設けています。
Copyright (c) 2016 九州工業大学飯塚キャンパス技術部