Iizuka Campus Technical Support Office  

技術部長挨拶

平成17年4月に発足した情報工学部技術部(現:飯塚キャンパス技術部)は、飯塚キャンパスで行われる教育・研究のサポートに加え、キャンパス全体の情報システムの運用や安全衛生活動の推進等、専門的な知識や技能が要求される局面で“縁の下の力持ち”のような役割を担っています。 技術部には、情報、電気・電子、機械、生物・化学の専門性に基づいた5つ班がある他、各センターや学内付属施設で提供するサ−ビスに対応する班や支援体制もあり、各技術職員の業務は学科にとらわれることなく必要に応じて様々に活動しています。 技術部は発足から10年以上経過しましたが、日頃からの技術の研鑽だけでなく、定期的に全国規模の技術研究会を開催する等、世の中の技術の進歩に合わせて各自の知識や技能を高める努力を継続しております。これからも、情報工学部発展に貢献するため、飯塚キャンパス内で発生する各種ニーズに最善の解決策を提供して参ります。

2016年4月 飯塚キャンパス技術部長 梶原誠司


技術長挨拶

飯塚キャンパス技術部は、2015年(平成27年)4月に、情報工学部・情報科学センター・マイクロ化総合技術センター・学習教育センターに所属する技術職員で構成され、全学組織として発足しました。 それまでは、学部やセンターの歯車での活動でしたが、今後は大学の歯車になる必要があります。そのためには、「自立」し「自律」できる体制にならなくてはなりません。日々、そのことを念頭に活動する所存です。 今後とも、ご指導やご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
2016年4月 飯塚キャンパス技術部 技術長 井本祐二


Copyright (c) 2016 九州工業大学飯塚キャンパス技術部